blog

ぼくらの結晶。

ぼくが 世界で一番

好きなうどん屋

姫路は野里 バクさん

the caves×SHUの

CD 置いて くださり

応援して くださっています。

感激の きわみです。

https://instagram.com/udoncoma?igshid=5empdg7b6kh9

五島列島に うどん修行にゆき

なかなか 職人たちに

受け入れられず

冷たく あしらわれたり

あらゆる苦行を

しいられながらも

うどん旅を 続け

信念を 貫き

うどんの道を はしり 続けて

実りを うけた

バクさんの うどんは

食べると いつも

めちゃんこ 元気に なります✨

湯けむり 香りは

さわやかな いやしであり

出汁は キラキラと

光っています。

▶︎CD info

2019/08/04 発売開始

the caves×SHU
全7曲 収録 アルバム

「同じ夢をみた」

1. Afan
2. おかえり
3. Seedfolks
4. 55
5. Alphaville
6. Free is King
7. You are Loved

the caves×SHU “Afan”

https://youtu.be/tjkYYbMrs2k

スイスのメロディ打楽器
ハンドパンや

チェロの美しい音色

淡雪のように
透き通った歌声が

あなたの ひとときに

華を そえます✨

それは ぼくらの 結晶。

2019-11-26 | Posted in blog, NewsNo Comments » 

 

宝塚音楽回廊。

音楽フェスティバル +

マルシェイベント

「宝塚音楽回廊」から

一ヶ月たちました。

みなさんが

オーディション 投票して

応援 くださったから

ぼくたちは フェスに 出れました。

夢を かなえ させて もらい

本当に かんしゃ しています。

みなさんの 応援 あって

いま the caves x SHU は

のびのび 活動 できています。

ハンドパン奏者 SHUくんと

これからも

たくさん よい曲 かいて

おんがえし したいと

つよく おもいます。

これからも 一緒に

たのしい時間

つくって いきましょう。

宝塚音楽回廊

当日の 写真たちが

アップされましたので

ごらん いただけましたら 幸いです。

http://zukaon.jp/gallery/

▶︎Photo By

米田真也さん
石山 美侑さん
坂下丈太郎さん
堀田裕介さん

宝塚音楽回廊の

あとに書いた文章を

てれくさいですが

のせさせてもらいます。

長いですが
読んでくださいね〜。

>>>

今朝の こと

目が さめると

宝塚音楽回廊 中の ひと

夏梅さんから ぼくたちに

メッセージが入っていて

心が ぐっと 動きました。

それは このような

メッセージでした。

>>

美しい歌声と

優しいハンドパン
音色が 重なり

多幸感 溢れる

とても贅沢な

1日となりました。

音楽には 興味がないけど

まちづくりがしたいと言って参加した
ボランティアスタッフが

お二人のライブを観て

音楽が好きになった と
言っていました。

誰かにとっての

「きっかけの場」でありたい

その想いが 叶った 瞬間でした。

>>>>

ぼくたちも

宝塚音楽回廊のステージを

夢に 描いて

すすみ 続けて きたので

このような 言葉 を いただいて

想いが 叶いました。

これから も ここちよい

風と なれますように。

>>

2019/10/19

前日までは 雨予報で

当日は

くもったり パラついたりして

中止の不安も

正直なところ

こころのなかに どんよりと

よぎりましたが

トリのバンド 「べべチオ」が

ステージに立ったとき

驚くことに

晴れ空が あらわれ

光が 差し込み

キラキラと ステージと会場を

照らしてました。

宝塚市役所の うえには

なんと なんと

虹が 出たのでした。

おめでとうの

しるしのように 感じました。

みんなの 強い 想いが

祈りとなって かみさまに

届いたんや!

って こっそり そんなこと

思ってました。

宝塚音楽回廊

携わった みなさん

そして

来て下さった みなさん

君代ばあちゃん かあさん

応援してくれてる

まわりの みんな

PA ハルカさん

スタッフしてくれた

渡辺 ご夫婦。

きっかけをくれた

シカゴキカク 早田さん

そして 相方の

ハンドパン奏者 SHUくん

とても しあわせな

音楽祭 に なりました。

本当の 本当に

ありがとうございました。

2019-11-20 | Posted in blog, NewsNo Comments » 

 

冬明かりの 道で。

季節は すっかり 冬に向かい

さむく なりましたが

路上での 演奏旅は

あったかい人 ばっかり。

「結婚式の二次会の

打ち合わせ 続きで

2人して へとへと だったけど

いやされました」

と 新婚さん。

式の 二次会で たぶん

the caves×SHU

かけてくれるらしいのです。

祝福が ことごとく

ありますよーに。

ほんとのほんとに

ありがとう。

いやされましたって

言われたとき

決まって ぼくも

いやされるんです。

2019-11-13 | Posted in blogNo Comments » 

 

おくりもののよる。

加古川の寺家町

お菓子が とても おいしい
オンガクな 紅茶屋さん

「チャッツワース」に

草とtenshoesと

高橋久美子さんが

ツアー に来られていたので
遊びに行きました

和やかな空気が

そこには流れていて

こんな時間が

いつまでも 続けば良いな〜

と思いながら

ただ心地よい オンガクに

身をゆだね ゆられていた

そんな 淡い

おくりもののよるが

加古川には ありました。

コンサート後

ぼくが 高橋久美子さんに

こんばんは〜と 挨拶したとき

初対面にも かかわらず

なぜか はじめて お会いしたとは

とても 思えませんでした。

久美子さんが

かの 有名な

邦楽 ロックバンド

「チャットモンチー」に

ドラムで加入したのが

2003年の4月4日

ぼくの 誕生日が

1991年の4月4日 だったりして

それを 知ったとき

嬉しさが 溢れてきて

なんだか 不思議でした。

(あれは なんだったのでしょうか)

これまでの ぼくの

ターニングポイントには

なぜか いつも

老若男女 年齢とわず

どこからか

「高橋さん」が あらわれて

そのときの 自分にとって

大切な 言葉を ポンと

落としてくれるのでした。

草とtenshoes
コンサート後

打ち上げの 席にて

店主 岸本さんの

やさしき 計らいで

一曲 ギターを 片手に

歌わせてもらいました。

演奏後 みなさんの 席に戻るとき

まるで 裁きの座に

かけられるかような

神妙な おももちでしたが

そんな ぼくに

高橋久美子さんと

草とtenshoesの みなさんは

宝石みたいな

言葉を くれたのでした。

その言葉と

そこに 生まれた

響きの おかげで

the cavesが

夢に描いている ステージ

フジロックで 歌っている 姿を

そのときから

たしかに 信じることが

出来るように なりました。

フジロック ぜったい でます。

草とtenshoesと

高橋久美子さん

これからも

演奏旅で 各地に

光を 届けてくださいね。

2019/10/20
加古川 TEA ROOM
CHATSWORTH ☆

2019-10-29 | Posted in blogNo Comments » 

 

17歳たち。

兵庫県立農業高校にて

職業 紹介的な 教室

《生き方 みち図鑑》

おこなわれました。

ぼくは 音楽してる人 として

呼んでもらい

お話し してきました。

定時制の生徒さんたちと

ゆっくり 未来に ついて

考えて いろいろと ディスカッション。

ぼくが どんな 人生を

歩んできたかを 話すよりも

今 一緒に いろんなことを 感じて

楽しいこと を 1つでも たくさん

見つけることが なんか 面白かった

清く なれないし サボりたいし

退屈やし さきが ぜんぜん 見えないし

それでも 温かい時間は

たしかに 作られてゆく

そのことが 嬉しかった。

僕の 職業の話を まじめに 聞かず

女生徒さん たちが

提出プリントの裏に

ぼくの 似顔絵 描いて 笑ってました。

こういのが 良いなぁって

ふと 思った。

2019-10-02 | Posted in blogNo Comments » 

 

9月のハレルヤ

お元気ですか??

別に お元気じゃなくても

良いですけど

読んでくださり ありがとう〜

夏が 終わり

寒い 季節へ むかうと

うちへ うちへと

こころが 向かうことが

ありますよね

そんなとき ぼくらの音楽

聴いてみて 欲しいです

>> tunecore

https://www.tunecore.co.jp/artist/the-caves-SHU

>>bandcamp

https://thecavesxshu.bandcamp.com/releases

音楽は いつも 優しくて

風を 吹かせてくれますし

ぼくは 生まれた 曲と ともに

旅に 出らることが

いま 最高に 楽しいです。

the caves×SHUの

音楽を 聴いて

ほんの 1ミリでも

わずか 1秒でも

風通しが 良くなったり

ちょっと リラックス できたり

ハッピーに なってくれたら

それは それは

めっちゃ 嬉しいこと です

そして ライブ 会場 とか

路上で 演奏 してるとき

いつか あなたと

お会い できましたら

ぼくは とっても 幸せです

いつでも

待っていますし

どこへでも ゆきます

2019-09-20 | Posted in blog, 未分類No Comments » 

 

ツムクムの日々

デザイナーのハブチさんと

加古川で 「てんらんかい 」します

ハブチさんの作り出す ツムクム作品は

日常や 街並み 世の中の

希望が ぎゅっと 詰まっています。

部屋に飾っていると

そのすべてが 輝きだしそうな

そんな 心地よい作品で

あかるい 未来の イメージを

ポップ に 運んでくれるのです

そして イメージ が

日常に 繋がっていきます。

だから アートは

素晴らしいのです

the cavesの 絵も

ツムクム 作品 になって 登場します。

そして ライブ

新曲 やります。

みなさん 10/20は

加古川 市役所よこ

雑貨屋 moiに

お集まり ください

てんらんかいは 12日 スタートです。

>>ハブチユウスケ 「ツムクム写真 展」

▶︎2019年10月12日(土)
~10月20(日)

■AM 10:30 ~ PM 5:30
■入場無料

■会場:器と雑貨moi(兵庫県 加古川市)
http://www.moi-web.net

■Closing Event《LIVE》

藤野翔真(the caves)

ツムクム写真と音楽 

▶︎LIVE act. the caves

10月20日(日曜日)15時より
◎料金1,500円(1ドリンク込)

2019-09-19 | Posted in blog, NewsNo Comments » 

 

ONE MUSIC CAMP 2019

ONE MUSIC CAMP 2019✴︎

曽我部恵一さんと
楽屋で しあわな一枚です

曽我部さんと かわした

《CD 新しいの作ったら
ふたたび 会いに行きます》

という 2年前の約束を

共演という 形で
果たすことが 出来ました✴︎

the caves×SHU

たくさんの方々に

聴いて頂けて 嬉しかったです。

たくさんの ドラマを与えてくれた

ONE MUSIC CAMPに 大感謝。

来年も 出演したいです!

2019-08-26 | Posted in blog, NewsNo Comments » 

 

Candle Night LIVE

2019/8/9

東加古川 manna photo officce

キャンドルナイトライブ

はりま 在住の 4人による

自主企画 イベント

「アートとオンガクであそぼう」

the caves×SHU レコ発

オーストラリアから

Alexandar Williamさんが

海をこえて

やって来てくれました。

愛すべき はりまで

宝石みたいな

素敵な時間が

またひとつ うまれました。

powan candle

キャンドルの灯りも

Heavenly J

香りの デザインも

さらさらとした

幻燈の夜を 演出してくれました。

普段は ピアノの先生で

リトミックもしている

ひだまりこさんの

ピアノの音が 素晴らしく

幼いころ 見ていた 風景が

走馬灯のように 駆け巡りました。

キャンドルナイトライブという

マリさん の夢が 叶った 夜

そのことが とても 感慨深いです。

人のみる 夢は ある種

預言的な ものだなって

そんな風に 感じた 瞬間でした。

Alexandar Williamさん の 歌声は

ぼくを 儚い 夜間飛行へ

連れてって くれます。

ひとりにしては

広すぎる世界に 漂い

切なさが 溢れてくると

今度は 優しい 愛の海に

よせられて いきます。

彼の見ている

しあわせな 世界が

音の波となって

引いたり 満ちたりを 繰り返し

ずっと 幼くて良いんだよって

耳打ち してくれる みたいです。

the caves×SHU

集くんの

バンドパンの 響きは

夜空の 天体を 想わせ

ぼくは 歌いながら

月や 星の すぐそばを

散歩していたかのような

そんな 心地でした。

加古川のイラストレーター

ゆんさんの描いた チラシ絵には

優しい光が あります。

イベント全体を

キラキラと 照らしてくれました。

キャンドルコンサート前の

プチマルシェも

ワークショップも

めっちゃ 楽しかったです。

灯し火みたいな

作品や雑貨たち

ものづくりの時間

最高でした。

+ミュージックズー 安藤直人

+アーティスト 藤野翔真

+ピアニスト ひだまりこ

+リーダー YOSHI

によるイベントチーム。

「アートとオンガクであそぼう」

おかげさまで はじめての

キャンドルコンサートの

チケットは SOLD OUT でした。

今回のような 手作りイベント

加古川アラベスクホールで

大きな 幸せな

お祭りをすることが

夢で あります。

空想 できることは

物語となって やさしく やさしく

あなたを 抱きしめて

くれるのかも しれませんね。

そこに いてくれて

いつも いつも

ほんとうに ありがとう。

BGM/ the sankhwa “IN A COMA”

2019-08-15 | Posted in blogNo Comments » 

 

淡いひかりのなかで。

2019/8/4 (sun)

神戸 塩屋 旧グッゲンハイム邸 ライブ

ずっと 淡いひかりの中で

浮かんでる みたいな

自由 すぎる

夏の ひとときでした。

どこを とっても 好きな人や

愛すべき 景色 ばかりでした。

1歳から

80歳のおばあさんまで

幅広い層の方々で

盛り上がりました。

the caves×SHUと

mona 渡辺祐さんと

イベンターの シカゴさんの

四人の ワクワクにより

生まれたイベントチーム

「潮かぜと食卓と音楽会」

塩屋 旧グッゲンハイム邸にて

自主企画をしました。

あらゆるセッション

そして 多くの出会いの中で

細やかな アイデアたちが

新しい芽を出しはじめ

2019/8/4 グッゲンハイム邸にて

みなさんに よって

愛が 注がれて

ようやく 鮮やかな花を

咲かせました。

みんな 根っこで

繋がっていて

大きな木のように

本当は ひとつ

なのでは ないのかなって

そんな風に おもいます。

路上演奏 や

ばあちゃん家の 空き部屋 や

ツアー先や

自然のなかで

集くんと 作った曲は

ゆっくり ゆっくり ろ過されてゆき

ようやく 作品となり

美しい 額縁が 与えられ

新しいアルバムは 世にでました。

the caves×SHU CD アルバム 「同じ夢をみた」

8/4 グッゲンハイム邸

企画を 皮切りに

オーストラリアから来てくれた

Alexandar william君との

レコ発ツアーが はじまりました

宝物の時間

美しい思い出が

また 新しい歌を

運んで来てくれます

the caves×SHUの演奏を

世界中の 方々に

お届け したいです

毎日が 真っ白くて

新しいです。

本当に みんな ありがとう。

おつかれさま〜。

2019-08-06 | Posted in blogNo Comments »