未分類

光を求めるのに、照らされると隠れてしまう。

4/23〜4/25は
長野県で活動しました。

善光寺付近で路上演奏をして

長野駅から
松本駅まで

一時間くらい
篠ノ井線の列車に揺られました。

向かいの席のおばさんが
色々と長野についての豆知識を
教えてくれました。

うたた寝を 繰り返していると

学生の集団や 小さいお子さん
家族づれやカップルが
車内を 入れ替わり立ち代わり

サラサラとした
関東弁で話していて
窓の外の景色を
言葉にしたような会話が

春の電車内に
木霊していました。

賑やかな列車を乗り換えて

違う列車に乗ると

豆知識を教えてくれた
おばさんも時間差で、乗ってきて
すぐに 再会しました。

「初めてあった気がしないわ」

といいながら おばさんは
列車を降りていきました。

一番初めに演奏したのは

インドカレー屋さん
「ナマステ」

ネパール人の3人が
松本で初めて まだ二ヶ月のお店。

流しに 近い形で、演奏していると、学生さんたちや、老夫婦、美容師さんなどが 聴いてくれました。

即興曲は
会話のように歌いました。

皆さんと 1人1人
距離が近く

酔いがまわり
お腹が膨れていくお客さん
を見ていると

屋形船に
揺られているみたいな心地で

こちらも酔ってしまいそうでした。

初めは お客さんもまばらで

少し 機嫌が斜めだった
異国の店員の彼らですが

ジャカジャカと

ノリが良い曲を演奏すると

ガラガラと マラカスを鳴らし
仕事中にも関わらず

身軽に 踊りながら、

同じ村の家族みたいになり

ハッピーな
演奏妨害をかましてきたのでした。

その賑やかさが
運んで来たかのように

お客さんたちが

カレーを食べに 店へと
次々と やってきてくれました。

それからは ずっとふざけていて
陽気な友達に変わりました。

アコースティックギターを気に入った
店主のアンバイさん、開放弦をかき鳴らし、ネパール民謡を歌ってくれました。

一緒に銭湯に行き
湯けむりの中、語り合う
約束をしたのですが、

閉店後、彼らは 自転車に乗って
一目散に 消えてゆきました、、、。

翌朝は、

深志荘という
創業100年の歴史をもつ
古き良き 民芸旅館にて行われた

婦人さんの着物会にて

彩りの豊かな美を
綺麗に着飾った方々の前で

演奏させてもらいました。

なんと
歌をうたう僕も
着物に着替えたのでした。

スキンヘッド頭で
歌っても良いですか?と尋ねると

お坊さんみたいになるので
帽子を被って下さいと
即 却下されました。

そう言われて 少し恥ずかしくなり
赤面しました。

本番では はんなりとした
空気の中

ツーフィンガーで
奏でた音色が

うららかに
少し嬉し気に 泳いでゆくのを
感じました。

着物レディたちは
すごく 解き放たれた
表情で 料理に舌鼓を打っていました。

美しき日本の文化に触れました。

宿の女中さんたちが
板張りの廊下を
あちらこちらの扉へと
駆け回り

せっせと 仕事をしている姿に
胸打たれました。

旅館の女将さんと
ゆっくりお話をしましたが、

その言葉の一つ一つが
光となって こちらに
飛んでくるかのようで
生きる喜びに溢れた
名女将さんでした。

世界一のまごころ旅館を目指すと
彼女は語りました。

温泉に浸かった後

皆さんと 束の間の
お別れをしました。

また どこかで
会えるでしょう。

写真は
松本にある
蔵スタジオ三谷

単独ライブの
翌朝の一枚。

今回はロックバンド
daughterの楽曲
「youth」

その詩の一節を
載せさせて下さい。

————————

Youth / Daughter
 
Shadows settle on the place, that you left.

Our minds are troubled by the emptiness.

Destroy the middle, it’s a waste of time.

From the perfect start to the finish line.

あなたの 走り去る影が
地面に映り込んだ

僕らの 空虚に包まれた心

中間地点なんて 飛ばしてしまおう

完璧な スタートで
一気に 最終駅まで駆け抜けよう

2018-05-07 | Posted in blog, 未分類No Comments » 

 

アナレンマ。

僕らが普段見ている
太陽の動きを、その軌道を、
一年間を通してなぞってみると

大きな8の字を描きます。

一寸の狂いもなく
大きな8の字を描くのです。

その活動の名を
analemma(アナレンマ)といいます

ハチドリの羽の動きなど
自然界には8の字を
描くものがたくさん。

8は 永遠や 無限大の象徴。
(下の写真は、エッシャーの絵)

その事を知った時

僕はあらゆるピースが
ピタリとはまりました

自分の望みでも
人の望みでもなく

自然の望みの中で
生きていたい。

そんな事を考えながら
出来上がったのが

新しいep

「For Analemma」
(フォーアナレンマ)です。

都会いる方や、忙しい中で
自然になかなか触れられない方に

森林の中にいるような
心地になってもらえたなら

その部屋を大自然にできたなら

透き通った風を通せたら
めっちゃ 幸いです。

しっかりと時間をかけて、
楽曲に似合う服を着せてあげて
音源とするのも素敵ですが

今回の音源は
生まれたてを、ラフに記録した
デモに近い新鮮さや、

生演奏、一発録音ならではの、
偶発性や生々しさに
重きを置き

自然に味方になってもらい
レコーディングしました。

ピアノ演奏、アレンジに、キシモトカズトを迎えて、加古川市内のホールにて一発録音した、「cornell」「冬の支度」の2曲。

加古川の北、静かな山奥のトンネルにて、スイスの民族楽器、「ハンドパン」奏者のSHU君と、

エンジニアに、オオノヒロさんを迎えて、即興演奏「月祭り」「For Analemma」の2曲、計4曲を収録。

レコーディング当日、

山奥のロケ予定地は
あいにくの工事中でした。

仕方なく、近くの湖畔にて、ロケ地を変更するか、改めるかなど

計画を練り直すため、ゆっくり過ごし、

そして何の気なしに、再び予定地のトンネルに向かうと、驚く事に、さっきまであったトラクターや用具が綺麗サッパリ片付けられて、人までいなくなっていました。

湖でゆっくりできたため、

自然な風と空気を
体に取り込めたため

リラックスして
レコーディングが出来ました。

しかし、録音中に、手前3メートルが見えないほどの、深い霧に見舞われて、

マイクが濡れたり、

エンジニアのヒロさんが、大変でした。

ミックスでは、リバーブをかけず、自然の響きです

ありふれた日常景色の中に
新しさを見つけ、少し嬉しくなって
誰かに話しかける時のような

身近にあるような
さりげない幸せを届ける

そして、あらゆる日常に花を添える

それが、新しい曲たちの
願いなのです。

▲bandcampにて、
ダウンロード購入できます。

https://the-caves.bandcamp.com

フル視聴、できます。

▲ミュージック・ビデオを
作りました。

LIVE MV「cornell」

コーネルという曲名は

ジョゼフコーネルという

アメリカの芸術家の名前から
とりました。

その半生を彼は
弟の介護のために費やしました。

天文学や宇宙に心を惹かれ
空想の旅を続けた彼は

それらのイメージを木箱の中に
現しました。

その作品から
インスピレーションを受けて
生まれた曲です。

そして、このミュージック・ビデオは、撮影機材が、池に落ちる危険に、さらされながら制作。

1度目の撮影では、ボートが軋む音、風の音が入り込み過ぎて全テイク没。2度の撮り直し挑戦を敢行、

工夫と対策を凝らし、2日間かけて完成しました。

ボートを漕ぎながらの撮影。良テイクが撮れたとき、「おめでとう」と大量の真水クラゲが、舟の下に泳いでいました。

制作は、

大内さんと、金子さんからなる
大阪の映像チーム

ゴーストパーティー。
映像依頼も、募集中との事です。

▲制作
https://www.ghostparty.jp/

2018-04-09 | Posted in blog, 未分類No Comments » 

 

チケット予約方法。

【チケットのご予約について】

▪各公演チケットのHP予約、(チケットのお取り置き)は
thecavesinfo@gmail.com
までお願いいたします。
▪必須項目として
▲1「希望される、公演の日程」
▲2「お名前(カタカナ)」
▲3「希望される、チケットの枚数」
>>上記の、ご回答を本文に記入し、御送信下さい。確認出来次第、ご予約確定メールをこちらから、手動返信致します。(自動返信メールはありません。)
>>ドメイン、フィルタリング等の設定にご注意下さい。
>>万が一、2~3日程度経過してもご予約確定メールの返信が無い場合、お手数ですが再度ご予約メールを下さい。

>>ご質問等は、お気軽に下さいね。

2018-04-06 | Posted in 未分類No Comments » 

 

ポーランド便り。

t
th
tha
than
thanks

MUSASHI OPEN DEPARTMENT
street live ✳︎

IMG_8391

観てくださったみなさん、

あの場所にあった、全てに
心から、ありがとうございました!

歌いながら、
ゆうらりと暮れていく海が見えました

同時に、夜が光りだして
とても美しかったです。

終始 チビッこたちが
駆け回っていて

空にはハトが飛んでいて、
出店には、愛と笑いが溢れてました!

ナイトライブでは
青葉市子さん×権藤真由さん
のライブも霊性が煌めく
清らかな歌と演奏でした。

青葉さんの歌声は
生きていく上で
欠かせないものとなりました。

何者ではないと気付いたからこそ
今は、より自分を愛して
前に進めるのです。

photo by 鶴原谷 量

2017-10-09 | Posted in blog, 未分類No Comments » 

 

潮が引けば、見える沈没船。

満たされている時は
自分を好きになれる瞬間があるが

物事の本質を忘れがちになる事もある

芥川龍之介さんの芋粥という小説が好き。

下級武士にとって、芋粥が高級料理である時代のお話。年に一度、芋粥にありつける事を楽しみにしている主人公。

しかし、やがて位が上がり
芋粥が当たり前の食事に変わった途端

以前の満足感はなくなり
喪失感に苛まれる主人公

やがて、血眼で、がむしゃらに
生きていた時代の自分が
本当の自分の姿だということに気づく

といったお話。

「自閉的になるくらいなら
馬鹿になって、外へ出よ。

弱者ぶるくらいなら
阿保になって、踊って笑かせ。」

2016-08-08 | Posted in blog, 未分類No Comments » 

 

ベンワットは、五月の風。

さーて、みなさん、こんばんわ
世界の、皆さん、ニーハオー!

いよいよ東京公演近づいて参りました。

圧がないかと言えば嘘になりますが、
この手と声で
どこまで行けるか楽しみです

奮い立たせて行きますよ

音を盾にするのではなく
磨いて磨いて
切り開いて行きたい

それで、その音で
皆さんがホッと楽になってくれたら
凄く嬉しいんです

東京公演、、
初日はトリオ編成で挑みます

共演は、、

亀田誠治プロデュースで
デビューを飾った沼田壮平さんこと、
olde worlde

https://m.youtube.com/watch?v=1WgycRuGlD0

rose record所属
Lee&Small Mountainsのリーファンデさんの
ソロ弾き語り。

https://m.youtube.com/watch?v=VEdUiSyAiIYimage

勢いある、素晴らしいお二方と、
スリーマンライブですよ!!

ぜひに、遊びにいらして下さいね〜

◼︎2016.5.22.sun

@東京 池袋鈴ん小屋
KAMINARI WORKS presents
「LIVING ROOM vol.1」

▼出演
・the caves(gt.カネコケンタ、pf.toys.キシモトカズト)
・OLDE WORLDE
・リーファンデ(Lee&Small Mountains)

DJ imazekiNG(KAMINARI WORKS)
開場開演:18:00/19:00 料金:前¥2500/当日¥3000(共に1D代別) ※早割:18:00~18:30迄にご来場の場合¥300OFF

▼ticket&info:
池袋 鈴ん小屋
tel 03-638-27273

2016-05-11 | Posted in blog, 未分類No Comments » 

 

【live】5/7 大阪 北浜 雲州堂

◼︎2016/5/7(sat)
@大阪 北浜 雲州堂

『CloudMeeting』
Open/18:30
Start/19:00

予約¥2000
当日¥2500
(1ドリンク付)

出演;
キトリイフ 
小川賀子  
the caves 

▼タイムテーブル

18:30 オープン

19:00-19:40 キトリイフ(40)
19:55-20:35 小川賀子(40)
20:50-21:30 The Caves(40)

2016-04-11 | Posted in live, News, 未分類No Comments »