blog

おくりもののよる。

加古川の寺家町

お菓子が とても おいしい
オンガクな 紅茶屋さん

「チャッツワース」に

草とtenshoesと

高橋久美子さんが

ツアー に来られていたので
遊びに行きました

和やかな空気が

そこには流れていて

こんな時間が

いつまでも 続けば良いな〜

と思いながら

ただ心地よい オンガクに

身をゆだね ゆられていた

そんな 淡い

おくりもののよるが

加古川には ありました。

コンサート後

ぼくが 高橋久美子さんに

こんばんは〜と 挨拶したとき

初対面にも かかわらず

なぜか はじめて お会いしたとは

とても 思えませんでした。

久美子さんが

かの 有名な

邦楽 ロックバンド

「チャットモンチー」に

ドラムで加入したのが

2003年の4月4日

ぼくの 誕生日が

1991年の4月4日 だったりして

それを 知ったとき

嬉しさが 溢れてきて

なんだか 不思議でした。

(あれは なんだったのでしょうか)

これまでの ぼくの

ターニングポイントには

なぜか いつも

老若男女 年齢とわず

どこからか

「高橋さん」が あらわれて

そのときの 自分にとって

大切な 言葉を ポンと

落としてくれるのでした。

草とtenshoes
コンサート後

打ち上げの 席にて

店主 岸本さんの

やさしき 計らいで

一曲 ギターを 片手に

歌わせてもらいました。

演奏後 みなさんの 席に戻るとき

まるで 裁きの座に

かけられるかような

神妙な おももちでしたが

そんな ぼくに

高橋久美子さんと

草とtenshoesの みなさんは

宝石みたいな

言葉を くれたのでした。

その言葉と

そこに 生まれた

響きの おかげで

the cavesが

夢に描いている ステージ

フジロックで 歌っている 姿を

そのときから

たしかに 信じることが

出来るように なりました。

フジロック ぜったい でます。

草とtenshoesと

高橋久美子さん

これからも

演奏旅で 各地に

光を 届けてくださいね。

2019/10/20
加古川 TEA ROOM
CHATSWORTH ☆

2019-10-29 | Posted in blogNo Comments » 
Comment





Comment