2019-05

森と湖展。

2019/4/27の
ライブレビューです。

赤穂 坂越 カフェ暖木さん

初めて お店で開催する
コンサート

一組目に
the cavesを
招いてもらいました。

スイス発の打楽器
ハンドパン奏者 SHU君と

タッグを組んでの
ライブでした。

奥藤酒造や 神社の道

心をすっと 溶かして
優しくしてくれる

穏やかな 街並み

吹き抜けていく潮風が
なんとも心地よい 坂越。

暖木のおとなりにある

雑貨+服屋さん

異国情緒あふれる紡木では

全国から

ハンドメイド作家さんの
作品が集まる

森と湖展。

オープニングイベントとして
お呼ばれしたのでした。

お昼から カフェにて

ゆっくり 黒板に
大きな絵を描かせて
もらいました。

そして その絵の前で
演奏をしました。

姫路や 大阪からも
ライブペイントと
コンサートに

駆けつけてくれた
みんなに 感謝。

the caves×SHUは
世界一 楽しい

音楽ユニットを
目指します。

この日、みなさんが
盛り上げてくれたから

そんな風に
思えました。

みんな 無理せず

ほどよく
やっていきましょう。

それが 一番の
近道な 気がするんです。

2019-05-16 | Posted in blogNo Comments » 

 

おかえりなさい。

大阪 稱念寺での
コンサート後の一枚。

ふじたゆかり氏と

the sankhwaの
カネコケンタ氏

「血が 繋がって
いるのかもしれない」

そんな風に思いました。

23歳の頃の僕は

カネコさんに
面倒見てもらっていました。

the cavesのサポートギタリストと
コーラス、アレンジャー
として 支えてくれながら

同棲してる彼女と ともに

北摂の家に 居候させてくれて
穀潰しになった僕を

生きながらえさせてくれました。

曲作りに 明け暮れて

真夏の公園で 一緒に歌って
夜には 仲間が 集まって

キックベースしたり

朝まで 飲み明かしたりして
喧嘩も よくありましたが

いつも 彼とは
最高なライブをしました。

ゆかりさんは

ちょいと疲れて
活動をお休みしていた僕に

復活ライブの 機会をくれて

ひっぱりあげてくれた恩人

素晴らしい音楽家で
愛のふかいひとです。

流流、西村さん
稱念寺さん ありがとう。

とても 感慨ぶかい
一日でした。

3人が 別々の
ユニットで再共演する日が

ついに来てしまったのでした。

2019-05-15 | Posted in blogNo Comments »