2018-09

《LIVE》Barbour 神戸店


神戸にある
洋服屋 Barbourさんの
レゼプションパーティーにて
生演奏します🌲

バブアーファンはもちろん
どなたでも、お気軽に。

■開催日時:
2018年 9 月 28 日(金)18:00~21:00
入場無料

■会場:
BARBOUR 神戸店

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町2-9-6

2018-09-27 | Posted in live, NewsNo Comments » 

 

五線譜のない音楽。

「生まれ変わるなら、もう一度
今の時代を生きてみたい」

個展の感想ノートの
過去の 1ページに

そんな言葉が 記されていました。

混沌とした 毎日に
ぼんやりしていた 僕にとって

冷たい水を
浴びさせられたかのように
はっとさせられる 言葉でした。

暗がりがあるから

光を放つ言葉と 出会えた。
そう 考えたとき

僕は とても恵まれていて
幸せだと思いました。

the caves 個展と小さなコンサート

五線譜のない音楽。at 豊中 float
2018/9/8-9/9 シカゴキカク

緑地公園駅から徒歩5分

アパートの一室のような
シェアスペース「float」に

およそ 100枚近くの絵を飾り

2日間の 生音コンサート

洞窟 みたいになった 空間で

即興曲や10代に
野宿旅をしていた頃の曲を含め

28曲を ギターを弾きながら
歌わせてもらいました。

個展会場では

様々な出会いが あり

各駅停車の 電車みたく
人は 入れ替わり 立ち替わり

多くの繋がり が 生まれ

新しい流れの 原始点を
たくさん 見たかのようでした

最初の一筆から 広がって
表現や作品 それに 空間や笑いが
生まれていくと 想像すると

とても 幸せな時間でした。

パティシエ、美容師、画家、作家
あけみちゃん、映像作家、ハンドパン 奏者、バンドマン、フーテン風コーヒー屋さん、祖母、父母、本屋、シンガー、主婦、写真家、エステシャン、エンターテイナー、雑貨屋、ピアノ弾き、保育士、沼、べっぴんさん、リンバ奏者、下町おばさん、向かいのマンションの住人、公務員、小学校の先生、赤ちゃん、若いママさん、銀行員、ちびっこたち、
小学生ぶりの再会となる人

果てには バッタ君まで
あらわれ

僕らは じつは
木の根っこみたいに
一つに繋がってるんじゃなかろうか

そんな風に 思ったくらいです。

香川の奇天烈シンガーソングライター
島津田四郎さんも
やってきました。

あらゆる 中継地となった事

企画から細部にかけて
協力してくれた

シカゴキカク 中の人と
float トクセさんと喜びあいました。

シカゴキカク
これまでに、森ゆにさんや、
中山うりさんと ともに
素敵な1日を作ったり

10/26には、
兵庫 塩屋グッゲンハイムにて
ビューティフルハミングバード
独演会を 開くそうです。

絵を、連れて帰ってくれる人とも
出会いました。

上の階にあるパンとケーキ屋の
mag」さんが ご厚意で

店が 休みの日にも関わらず
柔らかくて 香ばしいパンを
30個 焼いてくれたのでした。

おかげで、みんな
美味しいパンをちぎりながら
ゆっくりした時間を
過ごしてくれました。

ちびっこたちも
どこからともなく
沢山やってきて

ギターや 作品が 喜びました

シカゴキカクさんの
お手製レモネードに
元気をもらいましたね。

下の階にある陶器屋さん
ミズタマ舎」さん
旦那さんが、民芸作家さんに
対する愛情と

手作りに対する思いが 深くて
素敵でした。

ケシゴムハンコセイサクショ
ヤジさんが

けしごむはんこで作った鳥たちを
個展空間に飛ばしてくださり

細やかな ユートピアを
演出してくれました。

関西空港で働きながら
作品制作をされている ヤジさん

台風の影響で
関空は大きな被害を受け
復旧作業に追われる
日々を過ごしているそう。

自宅のあるエリアが
暴風域に入った 魔の時間

雨戸に瓦礫が
ぶっきらぼうに 飛んできて

窓ガラスを突き破り
破片が飛散して
娘さんが 危ない目にあわれました。

幸い、家族には誰も
怪我は ありませんでした。

しかし 娘さんは
大嵐による 心的ショックを
受けていて

保険会社から届いた
封筒に書かれていた

「被災者のみなさん」という文字に
家族は 心を痛めたと
話してくださいました。

一刻も早く、全てが整うことを
祈るばかりです。

吹き荒れる 狂風の中、
娘さんたちの見守る前で
屋根に登り 窓の修理をした ヤジさん

きっと ご家族は、その勇姿を
忘れないでしょう。

絵は 人が繋がるために
あるのかも しれないな

ライブMCでそんな話をしました。

その話に 反応を示してくれた
豊中 floatのオーナー
トクセさんの 下の名前は、

「千絵」さんといいます。

彼女さんの理念は、
「人とモノの間をつなぐ」です。

千絵さんのお父さんは
千の人と 繋がって欲しいという
願いを、娘に託して
その名前を選んだのだそう

floatがこれからも
出会いの中継地として

心くすぐられるような
美味しい香りを立てたり

流れを 作り続けていく事に
僕はとても ワクワクします。

湧き水が 川を作り
海へと 繋がっていくように

調和や摩擦、イレギュラー
あらゆる方角から

生まれくる アイデアは
現実に 多くの 感覚を呼びよせ

より 素晴らしい日々を
作って行くことでしょう

言葉が 街を作り
表現が 世界を 変えてゆきます。

きっと そうですよね
そう 信じます。

the caves 個展と小さなコンサート
「五線譜のない音楽」
を終えて

さぼりぐせのある 心臓が 元の動きを
取り戻したかのような 心地です。

「生まれ変わるなら、もう一度
今の時代を生きたい」

いずれ 僕が パタリと死んで
からだを ぬげだし

一つの場所へ かえるとき

笑いながら そう 言えるよう

今を 思いっきり 楽しんで生きようと
静かに 決意表明したのでした。

いつも、ありがとう

(姫路、路上で出会った
洋画家のおばさん)

the caves、次回のライブは、9/8 大阪 北浜 雲州堂。ピアノ弾きpechicaさんと投げ銭 2マンライブ。

2018-09-16 | Posted in blogNo Comments » 

 

チケット、HP予約。

【チケットのご予約について】

各公演チケットのHP予約、(チケットのお取り置き)は

thecavesinfo@gmail.com
までお願いいたします。

必須項目として
▲1「希望される、公演の日程」
▲2「お名前(カタカナ)」
▲3「希望される、チケットの枚数」

上記の、ご回答を本文に記入し、御送信下さい。確認出来次第、ご予約確定メールをこちらから、手動返信致します。(自動返信メールはありません。)
ドメイン、フィルタリング等の設定にご注意下さい。

万が一、2~3日程度経過してもご予約確定メールの返信が無い場合、お手数ですが再度ご予約メールを下さい。

ご質問等は、お気軽に下さいね。

2018-09-16 | Posted in 未分類No Comments » 

 

《LIVE》9/20 大阪 北浜 雲州堂

Pechicaさんは、新しいアルバム「かもめのせなか」を 引っさげて、

the cavesは、
新しいバンド編成で演奏。

▶︎9/20(木)

大阪 北浜 雲州堂

『IORhythm~イオリズム~』
OPEN 18:30
START19:30

入場無料・投げ銭制

出演;

the caves(band)
key+other-Ohno hilo
handpan+drum-SHU

Pechica

チケットご予約、お問い合わせは
thecavesinfo@gmail.comまで。

2018-09-16 | Posted in live, NewsNo Comments » 

 

2018/9/8-9/9「五線譜のない音楽」大阪 豊中 float 行き方、案内

御堂筋メトロ線
緑地公園駅 「西口」を降ります☆

緑地公園側に歩き
右手にある歩道橋を登ります。

左折して真っ直ぐ歩くと
駿台観光&外語ビジネス 専門学校
があります。通過して直進します。

かまどやがあります。
通過して直進します。

緑色した歩道があります。
その坂を下ること2分

坂の下の信号を渡る前に
茶色いマンションがあります。

その手前を右折。

30秒ばかり坂を登ると
陶器屋さん 「みずたま舎」があります。

その建物の二階の一室。

そこに非現実的 世界が
広がっております。

晴れることを 祈りますが☀︎
雨の可能性もあります。

あしもとに
気をつけて起こしくださいね。

2018-09-08 | Posted in 未分類No Comments »