blog

皮膚という歌。

信州、二泊三日旅

皆さんありがとう

india live the skyさん
お久しぶりでした。
rentのただおさん始め音楽仲間さん
仏様みたいな顔のお客さん

多謝しゃしゃしゃ。

みんな遠くに住んでるが
血が繋がってるみたい。

注)
偽善者しゃしゃしゃ
な発言にご注意ください。

ソウルメイトの一人が住んでる長野

2人の内 一人は行方不明の
ソウルメイト。

どっかの病院に入院してるってね
モーリスユトリロとシュザンヌヴァラドンの
図録送ったるさかいに、電話に出なさい

長野のソウルメイトには
助けられたというより
救われています。

どうか何があっても
強く生きてくれ

「死体を担いだ僕らは
芸術に生きる事で
生活の香りを嗅ぐ事が出来るのかも知れない。」

僕なんか音楽なけりゃ
死体を担ぐ事も出来ないだろうに。

っっってな。

みんなで幸せになろうなって

微かに思える最近。

Re:Lillyが長野でも素晴らしかった。

image

p.s
ケイブス、
長田弘さんに感化されたんやろな。

2016-06-13 | Posted in blogNo Comments » 
Comment





Comment