blog, 未分類

命燃やせば、夜道明るし。

停滞すれば
降り積もる埃を

ヒラヒラと
よけながら

サラサラと
吹き飛ばしながら

風となって 走っていく

あるいは

風となり

草木を 静かに揺らし

あらゆる場所へ

渡っていくような

そんな、ツアーでした。

高知のみなさん、ありがとう。

(上の写真は、服屋N°にて)

言葉の持つ力をいつも
現実に示してくれる
高知のメッセンジャー

ヒゲンジツシュギが

旅の道連れとして
付き添ってくれて

演奏をともにしました。

高知市内のレストラン
SPOON

ゲストハウスlululu

大月町のライブスナック おうた

三箇所での演奏旅でした。

温かい空気は
時間を早送りする作用があるのか

本当にあっという間に
宴が過ぎ去りました。

ゲストハウス lululuでは

絵を50枚ほど飾らせていただき

個展と詩の朗読
インタビューと生演奏を
ミックスした

0の輪郭とい名の

イベントを行いました。

きっかけは、生まれた
ひとひらの詩

——————–

祈りの中で
生きられたなら
ここには いなかった

僕らは どうしようもなく 人間だ

0は 永遠
永遠は 0

あるようで
ないような

輪郭の 曖昧な世界で

あなたは 毎分 毎秒
過去に 打ち勝って
生きていく

ヒゲンジツシュギの宮地さんが
詩の朗読と司会を担当しました。

来られたみなさんも、和気藹々と
過ごしてくれたみたいで

海辺の民宿のロビーで
バカンスをしているみたいでした。

帰りたくありませんでした。

絵も数枚、お嫁にいきました。

そこから同日

車を3時間ほど走らせて
四万十川を越えて

宿毛市のライブスナック

「おうた」にて

新鋭シンガーの 美琴さんとともに
ゲスト出演させていただき

幅広い年齢層の方々に
聴いてもらえて嬉しかった。

鳴り響く音が

歓楽街に

初夏の淡い風を送っているかのような

そんな気がしました。

力強い海と共存する町

宿毛市、また必ず戻りたいです。

そして、ライブ以外にも
旅は続きました。

沢田マンションという
都市伝説に なっているような
建物に連れて行ってもらったのですが

ビックリ仰天の連続でした。

フラフラ建物を眺めていると

偶然、オーナーさんが出てこられて
なんと、中に通してくれました。

そのマンションオーナーのたか子さんが、とんでもなくパワフルな人でした。

地下にまず、通され
記念写真大会。

完全に住人みたいに
なってしまいました。

マンションの外に併設された
古いエレベーターに乗せて
(野ざらしで、壁もない)

僕らを5分くらいかけて

屋上まで導いてくれました。

あまりに速度が 遅く、
住人のいる部屋をエレベーターが
通り過ぎて行くとき

住んでいる人と
鉢合わせする恐怖との戦いが
繰り広げられました。

(屋上に草が生い茂り、野菜が育てられ、
豚が鳴いて、滝が流れていました。)

たか子さんの部屋には
パッションフルーツが生い茂り

最上階の窓からは
梅雨時の市内を 一望できました。

ゆったりと
お茶をお呼ばれしました。

そして

たか子さんの
若かりし頃の 話になり

彼女の青春時代の
写真を見せてもらいましたが、

それが なんとも 水々しく
素晴らしかったのです。

(よさこい祭りの写真も、発見)

たか子さんのカリスマと
宮地さんのエネルギーと
ポールダンサー詩織さんの寛大さの
波に飲まれて

高知という世界に
溺れてしまいそうでした。


(ふざける、たか子さん)

すっかり近い場所と
なってしまった高知。

また近々、みなさんと
お会いできると嬉しいです。

ぜひ、お会いしましょう。

2018-06-29 | Posted in blog, 未分類No Comments » 
Comment





Comment