blog

ゆめとうつつ。

t
th
tha
than
thank
thanks

高知spoon
「focus」

IMG_8731

やはりやはり
高知は大好きな場所です。

ヒゲンジツシュギはじめ
多くの再会が嬉しく

自然と自然と
温かい空気が
会場に溢れていました。

今回はスプーンという
素敵な老舗喫茶店で演奏させて頂きました。

古き良き商店街や
活気ある市場を
どんどん突き進むと
そのお店がありました。

IMG_8679

ヒゲンジツシュギの凄いところは
機材搬出入から、PA、音響スタッフ、
(機材は自前)
企画、集客、宣伝、ライブ
作詞作曲、他アーティストのサポートまで
全部2人でやってしまう所でしょう。

四国にいる、旅の一座みたいな
印象を受けて
僕は、ときめきました。

IMG_8763

そして、お客さん達も
一緒に演奏しているかのような
一体感がありました。
(程よい緊張感もあり○)

船室で一緒に過ごしているかのような
和気あいあいとした空気。

ライブが終わった後も
来てくださった、みんなと
長らくゆっくり
他愛もない話ができるイベントが
凄く好きですね。

IMG_8734

IMG_8760

外の橙色の街灯がフワフワ
柔らかく光っていて

音に集まった人たちとただ身を任せて
笑いながら過ごせている時間の
美しさに浸っていました。

夜の光に心打たれる自分は
飛んでる虫みたいだなぁ、と思う。

ライブの行きしなに
交通事故で車が反転し、大破してるのを
目撃したり、正直、僕も生きてるもんで、色んな事があったのですが、全てあの団欒の時間のためだと思うと救われました。

救われました!と人に言って頂くと
僕も心底、救われ、
癒されました!と人に言って頂くと
僕も心底、癒されます。

本当にありがとうございます。

IMG_8735

ライブの後は、1日
高知にとどまり

タイを旅した青年2人とゆっくりはなしたり
(現在は日本を自転車で旅してる)
泥酔し、床に突っ伏して、笑い転げている外科医や、ロシアの女性画家さんと出会ったりしながら

シャガールの絵を見ると
具合が悪くなるという
一風変わった、大学教員さんと
高知日曜市と

IMG_8729

IMG_8726

高知城と
レストラン「フィリストメレス」へ。

その後は、路上ライブをしたり
詩を書いたりしながら

流れに身をまかせて
路面電車にゆられ

愛媛は道後温泉へ行きました。

IMG_8746

道後温泉の三階は
川端康成さんの伊豆の踊り子や
夏目漱石さんの坊っちゃん

伊藤整さんの詩集を
連想するような

明治時代の空気感が
残っていて良かった。

山奥にある、奥道後温泉でも
2時間くらい湯に浸かり
全身全霊、癒されました。
両足が喜んでいました。

宿泊はといいますと

ミソスープという
民家ゲストハウスにて
数日を過ごしました。

女中さんのお二人と
スイス人の旅客、自然農の農夫さん、
北欧から帰ってきたばかりのダンサー。
山地にて農を始める方など

始めて出会った方々と
どことなく懐かしい空気感の中

ゆっくり晩御飯を食べて
一緒に演奏したりして

手作り酒まで振舞ってもらい
何か思い出しそうな感覚になる

そういう時は無心に
ペンを走らすと良いのです。

またしてもデジャブと
激しい共時性が起こり
とにかく数字に導かれる旅でした。

縁があり

サーカスBAR、
「ワニとサイ」にて
即興演奏をさせて頂きました。

タカヒロさんという
そこで、人形劇パフォーマーの方と

ツアーで道後に来ていた
91カ国でストリートライブをして
旅を続けた、歌うたい、迫水秀樹さんと
出会いました。

タカヒロさんは
イタリアで滞在中に
コロンビアの人形劇師
との出会いがきっかけとなり

その道を進む事になったそうで、
そのタカヒロさんの作った
人形が素晴らしかった。

IMG_8761

お二人と

セッション共演をさせて頂きました。
偶然そこにいた、酔客さんたちも
楽しんで下さった。

なんといいますか、

幻想がより深い幻想を呼んで
僕の日常はあらゆる
境界線を塩酸みたいに
どんどん溶かしていきます。

IMG_8730

今の旅心地とリンクする
金子みすゞさんの詩集をひとつ
紹介させてください。

「ゆめとうつつ」
金子みすゞ

ゆめがほんとでほんとがゆめなら、
よかろうな。
ゆめじゃなんにも決まってないから、
よかろうな。

ひるまの次は、夜だってことも、
わたしが王女でないってことも、

お月さんは手ではとれないってことも
ゆりのなかへははいれないってことも

時計のはりは右へゆくってことも
死んだ人たちゃいないってことも

ほんとになんにも決まってないから、
よかろうな。
ときどきほんとをゆめにみたなら、
よかろうな。

IMG_8258

2017-11-23 | Posted in blogNo Comments » 
Comment





Comment