blog

おかえりなさい。

大阪 稱念寺での
コンサート後の一枚。

ふじたゆかり氏と

the sankhwaの
カネコケンタ氏

「血が 繋がって
いるのかもしれない」

そんな風に思いました。

23歳の頃の僕は

カネコさんに
面倒見てもらっていました。

the cavesのサポートギタリストと
コーラス、アレンジャー
として 支えてくれながら

同棲してる彼女と ともに

北摂の家に 居候させてくれて
穀潰しになった僕を

生きながらえさせてくれました。

曲作りに 明け暮れて

真夏の公園で 一緒に歌って
夜には 仲間が 集まって

キックベースしたり

朝まで 飲み明かしたりして
喧嘩も よくありましたが

いつも 彼とは
最高なライブをしました。

ゆかりさんは

ちょいと疲れて
活動をお休みしていた僕に

復活ライブの 機会をくれて

ひっぱりあげてくれた恩人

素晴らしい音楽家で
愛のふかいひとです。

流流、西村さん
稱念寺さん ありがとう。

とても 感慨ぶかい
一日でした。

3人が 別々の
ユニットで再共演する日が

ついに来てしまったのでした。

2019-05-15 | Posted in blogNo Comments » 
Comment





Comment